2013年12月28日

集中力がある子は注意

子供は集中力が散漫で、それを心配する親は多いことでしょう。しかし、集中力が高い子には視力の点では注意が必要です。

一つのことに長時間集中している場合、目の負担も大きくなっている可能性が高いのです。逆に、注意が散漫であちらこちらに視点を移動させている場合は、目にとっては健康的な動きをしている可能性があります。

ですから、「うちの子は長時間でも集中して一つのことに夢中になっていて感心する」と喜んでばかりもいられません。

ただ、スポーツなどに集中している場合は健康的です。スポーツは集中していても、視点が活発に移動しているからです。

問題は、勉強やゲーム、パソコンなど、凝視している時間が長い状態です。

ですから、「集中力が高い」子供の目は注意して上げる必要があります。

そして勉強中は散漫形でも、ゲームなどになると途端に集中型になる子にも注意が必要です。放っておくと、一日中、夜中中でも一点を見つめているかもしれませんし、その間、全く遠くを見て居ないかもしれません。

結局、集中型でも散漫形でも、子供が近くばかりを凝視している状況が長時間続いているようであれば、注意が必要ということになります。


posted by 団武良運 at 23:31| Comment(0) | 近視を予防する | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。