2013年12月28日

メガネが近視を悪化させていくことに注意しましょう

一度メガネを作ってしまうと、常にメガネをさせたままにしていませんか?

本来であれば、メガネは裸眼では見えない時にだけ使えば良いはずです。

例えば近視用のメガネであれば、遠く(黒板や標識)を見るときは付けても、裸眼でも見える近くを見るときは外すべきなのです。

メガネは補助的な道具であることを忘れないようにしましょう。そうしないと、本来裸眼で見えていた距離が、どんどん見えなくなっていきます。

つまり、近視が悪化するのです。

ただ、弱視の場合は常時メガネやコンタクトレンズを装着している必要がある場合がありますので、眼科医などの指示に従ってください。自分やお子さんがどちらだか分からない場合は、専門医に相談する必要があります。


posted by 団武良運 at 23:29| Comment(0) | 近視を予防する | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。