2013年12月28日

お子様の近視が気になったら、自宅で続けられるトレーニングを

子供の視力が低下している。メガネやコンタクトレンズに頼る生活はかわいそう。
でも…


・近視は遺伝だから仕方が無い?

・悪くなった目は、もう手遅れ?

・ゲームばかりしていると視力が落ちると心配?

子供の横顔.jpg

悪くなった視力は本当に戻せないのでしょうか。

あるいは、視力の悪化は遺伝だから防げないのでしょうか。

生活習慣上、視力の悪化は時間の問題だと思っていませんか?

いえいえ、既に15,000人以上の子供達の近視を回復させたトレーニングがあります。


近視には仮性近視と真性近視があります。それぞれの違いはどのようなものでしょうか。


仮性近視

一般的な定義では、仮性近視とは毛様体の緊張が長時間続くことで、軽度の近視になることです。例えば読書やゲーム機の画面を長時間至近距離で見て居ることですね。そして仮性近視は適切な処置により回復する、とされています。

では適切な処置とは一般的にどのようなことをしめすのでしょうか。

それは、眼科で処方される目薬やワックにより治療できるということです。

ただ、注意せねばならないのは、目薬やワックは一時的で眼科に通い続ける必要があるということです。

これでは仮性近視を治せそうにありません。


真性近視

次に真性近視とは何でしょうか。

実は明確な定義はありません。医師の判断で、「もうこの近視は治らないので、メガネかコンタクトレンズで矯正しましょう」と言われる近視といった程度の症状なのです。

非常に不明瞭ですっきりしません。ところが近視をトレーニングで治せるとする人達は、この真性近視を治せる可能性の高さから、さらに「初期近視」とそれ以外に区別しています。

もし、医師に真性近視と言われても、まだ諦める必要はありません。それがまだ初期近視であれば、トレーニングで治せるからです。

特に集中力の高いお子さんほど、初期近視である可能性が高いですし、また、真性近視と言われても、症状が出始めたのがここ3年ほどの様な気がする、ということであれば、まだ初期近視の可能性が高いです。


しかし近視を治すトレーニングは、医療機関や特別なトレーニングセンターに通わなければならないと思っていませんか?

実は自宅でトレーニングをできるマシンがあります。しかもゲーム感覚ですから、お子様も嫌がらずに続けられますよ。
小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)がサイコー!



近視を自宅で治すトレーニングマシン

お子様に近視を治す為のトレーニングをさせるために、遠くの医療機関やトレーニングセンターなどに通わせるのは親子共に負担が大きいですね。

子供にとっても挫折し易いでしょうし、せっかく治そうという意欲があっても、だんだんトレーニングを嫌うようになってしまいます。

また、治るまで通い続けるにはかなりの費用も必要になってきます。

しかし、自宅で子供が遊び感覚で続けられる近視回復の為のトレーニングマシンがあれば、お子様がトレーニングを挫折しないで継続できる可能性がかなり高まります。

そこでお勧めなのが、「眼育ingBOX(メイキング・ボックス)」という製品です。しかも販売元が、トレーニング中の疑問点などにもサポートしてくれますから、安心できます。







posted by 団武良運 at 23:32| Comment(0) | 近視を諦めない | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。